読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おととわたし

記憶と記録と感想文。

雑の記

お髪放置アット数ヵ月、ぼさぼさに伸ばしっぱなしの或る朝に、母は突然「ハードロッカーみたい」と言い放ち、むむむ、と思い鏡を見れば、ははは、と笑いが生まれるわけですね、ははは。

しばろうと思い購入したリボンの種類は2本です。

春、春、春、
わたしの好きな曲、
馬、馬、馬、