読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おととわたし

記憶と記録と感想文。

あせりんぼ君

ラメラメピンクのネイルで
指先を灯し、石化シノブを一鉢。

過保護はいけないよ

らしいので放任で。



言ってみるもんだな、なんてたまに思う。
もしかしたら、叶うかもしれない。
叶わないこともあるけれど、
まあ、ものは試し。


もしかしたら、
行きたかった建物が
急に目の前に現れて
思わずシャッターを押してしまうかもしれない。














♪~♪~♪~♪~♪~♪

てててっと駆け付け
チケットとドリンク代を渡して
ドアをそっと開けたら
後半戦も後半戦。
ラスト三曲。
汗が光の粒を産んでいた。
最初っから観たかったな、なんて
思ったときには遅い、嗚呼。


展開にて彼ら


アグレッシブ巻き込み。
ははは、かっこよ。
それがいつしか深いところへ。
呑み込まれ、最後には魅入ってしまった。

が、そこで終わる彼らではない。


うわーって思って
誰とも話したくない気分、
自分だけで噛み締めたくなる気分。


実験と挑戦

すごかった。

心してかかってくるものには
心して受け止めたい








2015.9.19
「透きとおるための青」

0.8秒と衝撃。
VOLA & THE ORIENTAL MACHINE




よい旅を。