読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おととわたし

記憶と記録と感想文。

11月13日

いつも彼は 悪者を演じる。

人が言いにくいことを代弁し、代わりに叱ってくれる。


まるで「泣いた赤鬼」のよう。

全ては バンドの為。

赤い涙を流しながら 必死に、必死に
ただ ひたむきに 生きている。本当の苦労を、おくびにも出さずに。



パンクロッカーは、優しく ロマンチストなのだ。



いちばん あのバンドを愛しているのは
彼自信だし、

彼の音楽の いちばんの ファンは
パンク姫だと思う。



真剣、真剣、彼らは いつも 本気。



烏賊るのは それ故に。




♪※♪※♪※♪※


それにしても、自分が尊敬してる人が軽く扱われているのを見ることは、あんまり気持ちの良いものではないなあ、と。

愛してる愛してる と 宣うのであれば、
もっと敬意をもって接しても良くないだろうか?

悪意が無ければ、何をしても良いの?

少なくとも 私はそうは思わない。


なんか気分が「ケッ」てなった。





誰かが行動してくれるのを待っている。
とても受動的。

いやだわー