読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おととわたし

記憶と記録と感想文。


f:id:kaochaaaan:20151019214820j:plain

足元に擬態した松毬ひとつ



すっぱい臭いの小説を読んだら
陰鬱がモクモクとやってきました。
その後、すっぱい果物の題が付いた小説を手に取りましたら、どうしようもない気分になりました。

散々な気分の後に、マンガを手に取りました。
ぽっと灯がともりました。

あたらしい三時子ちゃんと泡盛くんの
お付き合いに幸あれ

(恋はニュートンのリンゴ、らぶ)