読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おととわたし

記憶と記録と感想文。

むかしむかし

小学四年の時の担任が
とても面白い先生で

運動会で足の遅い子を
上位にさせようってね、
障害物競争をやった。

足の速い子には
段ボール箱のなかに仕掛けてある
ながーーーい紐を引っ張らせて
逆に足の遅い子には
短い紐を引っ張らせるってゆー

(なんで今日そんなこと思い出したんだろ、
暑かったからかな)

そんでわたしは足が遅かったから
短い紐を引っ張って
タタタっとゴールまで走ったわけだけど
寸前のところで並んでた奴に抜かれたの。

抜かれたというか、譲ってしまったのさ。

あんとき何位だったのかな?
6人中4位ぐらいだった気がする。






運動会が終わって帰るときに
担任に言われたの、いまでも覚えてる

「強くなれ」ってね。







本当の強さ、優しさを
はき違えないように。







いまだからこそ
意味がわかる。